オリンピックまでに、英語力を付けよう!大人のやり直し英語の勉強法

⇓Mikiのランキングをチェック!⇓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

コロナ禍ではありますが、今年こそオリンピックイヤーの気配がしますね♪

オリンピックは、世界中のスポーツファンが盛り上がる世界のスポーツの祭典です。

第32回のオリンピックは、日本の東京です。

選手や関係者の皆さんが来日し、東京近郊にお住まいの皆さんは、英語を話す機会がどっと増えることが予想されます。

ずっと”また、英語がしたい!”と思っていながら、ダラダラと先延ばしにしている方は、今こそ!英語の勉強を始めるべきです。

そんな大人のあなたがやる、大人のやり直し英語の勉強方法を今回は紹介します!

オリンピックまでに英語が話せるようになりたい方
ずっと英語がやりたいと思っていながら先延ばしにしていた方
英語をやっては、挫折して、やっては挫折してを繰り返していた方

こんな方はこちらの記事を最後まで読んでみてください。

大人が5歳児程度の英語が話せるようになるまで、1,000時間はかかる

実は、意思疎通程度の英語力を付けるだけでも、約1,000時間の英語学習時間が必要です。

語学ってそれほど難しいんです。

でも、よく考えると、あなたが今話せている日本語が、相手に伝わるレベルになるまで、何年かかりましたか?

5歳児程度であれば、意思疎通は可能ですよね?

幼稚園も行けて、お友達も作れて、おうちでも家族とお話して、テレビも簡単なものなら見れます。

そうです!つまり!約5年(5歳)ほどかかります。

でも、大人になってから、もう1つの言語を話せるようになるのには、だいたい1,000時間くらいで十分なのです。

時間で比較すると、5年は43,800時間です。

なので、1,000時間で覚えられるのは意外と短いです。

でも、1,000時間は1,000時間。

大人が1日1時間勉強しても、約3年かかります。

語学は、習得するのに時間がかかりますし、本気じゃないとダメなんです。

だから、1人でやると、続かないんです。

(自習学習なしで、3ヶ月週1回のレッスンで英語が話せるようになりましたーって人、周りにいないですよね?(笑))

大人のやり直し英語を続けるためには、楽しく勉強することが本当に重要です。

なので、今回は、少しでも大人のやり直し英語を楽しめる、納得できる勉強法を4つご紹介します。

大人のやり直し英語を本気でやりたい方は、最後まで、読み進めてください。

大人のやり直し英語の勉強方法

英語を話せるようになるのに、1,000時間かかるから楽しく勉強することが必要!とわかったところで具体的に、楽しめる、納得できる勉強法を4つご紹介します。

英単語を画像検索

あなたは英単語をどのように覚えましたか?または覚えてますか?

単語カードやノートに書いて覚えたと思いますが、実は!大人のやり直し英語の場合、それでは覚えられません。

私のおすすめは、単語を画像検索して、写真で覚えることです。

こんな感じで、英単語をGoogleで画像検索してみてください。

楽しく、映像で覚えられますよ!

”messy”がどんな意味なのか、なんとなくわかりますよね?

こんな感じで、英単語を勉強していきましょう!

英語で書かれたあなたの好きなSNSで、英単語、文法を学ぶ

あなたには、好きなハリウッドスター、歌手、コスメブランド、雑誌、アメリカのドラマなどはありませんか?

そんな英語で書かれているSNSの投稿を見て、英単語や文法を学んでいきましょう!

実は、投稿者が世界的に有名な方であればあるほど、世界中のファンに届けているので簡単な英語を使ってくれています。

試しに、好きなハリウッドスターや歌手の方の投稿を見てみてください♪

単語だけでみても、簡単なものしか使っていません。

しかも!SNSには写真が貼られていることが多いです!

その投稿で使われている写真とともに、書かれている文章を想像したり、google翻訳などを使って勉強してみましょう。

「好きなこと+写真」なので、とっても楽しいですよ!

映画を英語字幕で聞く、口から出す

あなたは、英語が聞き取れない本当の原因を知っていますか?

実は、言ったことがないから聞こえないんです。

だから、言ったことがあることを増やしていけばいいんです!

なので、英語をどんどん口から出していきましょう!

英語を口から出す、楽しいやり方が、あなたが好きな映画、ドラマを英語字幕で見ること!

Netflixならアメリカ、イギリス系のドラマであれば、字幕表示を英語字幕にすることが可能です。
(Youtubeも動画によっては英語字幕表示が可能です。)

ぜひ、あなたの好きなドラマを英語字幕で観て、短い単語や文章から聞こえた通りに言っていきましょう!

英語の発音、リスニングの難しいポイントの一つが”リエゾン”です。

"リエゾン"は単語と単語を繋げて発音することです。

例えば、I want you. = アイウォントユーと発音せず、アイウォンチューと発音します。

ぜひ、アイウォンチューのように、ネイティブの人が本当に発音する速さや、発音であなたも発音していって、言ったことがあることを増やしていきましょう。

Youtubeで音読をしてみる!

前述にもあるように、英語は言ったことがないことは聞き取りにくいです。

だから、言ったことがあることを増やせればいいんです!

また、たくさん英語を話せば、漢字は手が覚えているように、英語も口が英語を覚えてくれます。

とにかく、英語を口から出していきましょう!

もしかしたら、フレーズとして、そのまま覚えられるものも出てくるでしょう。

そうすれば一石二鳥です。

以下のYoutubeの音読チャンネルは、大人のやり直し英語を始めようとしてる方におすすめですよ!

大人がやり直し英語を成功させる方法は?

「大人のやり直し英語の勉強法」をここまでお伝えしてきましたが、問題は1,000時間をオリンピックまでに達成できるのかどうかと言うことです。

もちろん!自主学習で、オリンピックまでに英語学習を達成させることは可能です。

ですが、自主学習では87%の人が3ヶ月未満で挫折してしまいます。

大人は仕事も、プライベートもやることが多いので、1人で勉強して挫折してしまうのは当然です。

絶対に結果を出したい!大人のやり直し英語を成功させたい方が英語を話せるようになるのには、お金と時間をかけるのが手取り早いです。

オリンピックまでに、絶対に結果が出る英会話の勉強方法は、マンツーマンの短期集中の英会話教室です。

ぜひ、検討してみてください。

少しでも役に立ったなと思った方は
↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事