⇓Mikiのランキングをチェック!⇓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたは英語をどの程度勉強していますか?

週1回英会話教室に通ったり、独学で英会話を勉強されている方も多いでしょう。

でもなかなか、思ったような成果や英語が話せるようになったっという実感が得られない・・・

現在、英会話講師をしている私も英語を勉強している時は、あなたのように試行錯誤していました。

でも、実は英語が上達できていない理由って1つしかないんです!

今回は、そんな英語を頑張って勉強しているのにも関わらず、なかなか英語が上達しないと感じる方のたった1つの原因と効率の良い学習方法のステップについてお伝えします。

英語を勉強しているのに、なかなか上達しない
英語をもっと上達させたい
英語力が伸び悩んでいる

こんな方に読んでいただきたい記事になっています。

ぜひ、最後まで読み進めてください!

英会話講師が教える!英語が上達できない、たった1つの理由

ここまで英語の学習方法についてお話していていて、あなたもお気づきかと思いますが、英語が上達できない理由・・・

それは「あなたの学習量が足りていない」ということです。

もちろん!学習方法が合っているかどうかという事も確認する必要がありますが、まず英語学習は、長い年月と積み重ねが非常に重要だと理解するということが必要不可欠です。

ではなぜ、英語学習には膨大な学習量が必要なのでしょうか?

1つ1つ見て行きましょう!

英語学習はダイエットと同じ!長くやる事が大事!

あなたは「この本1冊で英語が話せるようになります!」とか「たった1ヶ月で英語が口から飛び出す」などという英語教材の謳い文句を聞いたことがありませんか?

実は、これらの教材で得られる英会話力は3歳~5歳程度の英語能力です。

日本語でさえ「きちんと日本語が話せます」と言えるのは小学校を修了しないと、なかなか難しいのではないでしょうか?

中学生くらいの日本人であれば、日本語で敬語も話せて、ニュースも聞き取れて、理解することができます。

つまり、あなたにとって、第一言語の日本語でさえマスターするのに12年ほど年月がかかっているということです。

よって、言語を話せるようになるには、長い長い年月が必要です。

まず、それを理解して覚悟することが大事です!

もちろん、あなたは0歳から英語を始めたわけではないので、幼いころを抜かしても5~6年ほどかかるでしょう。

日本語でさえ話せるようになるのに12年かかっているのにも関わらず、英語の勉強が「週一回の英会話教室だけ」では、正直難しいです。

英会話のレッスンがない日も英語に触れる、毎日英語を口から出すことが英語が話せるようにる近道です。

英語をたくさん話して、勉強してあなたの頭を英語脳にして行きましょう!

しかも!英語学習はダイエットと同じでいろんな学習方法があります。

あなたに合っている英語の学習方法を探すことが大事です!

そして、それを長く続けること。

さらに、英語を習得してもその英語能力をキープする為に、英語を話し続けることも大事です。

ダイエットでいうリバウンドを防ぐということ、これが大事です。

英語の学習方法についてもっと知りたい方は以下のブログ記事を参考にしてみてください!

あなたの英語力が格段に上がるヒントが得られますよ^^

英語が話せるようになるまでの最も効率が良いステップ

あなたは、具体的に人がどのように勉強すれば、効率良く英語が話せるようになるかご存知ですか?

その具体的なステップを英会話講師である私がお伝えします!

第一言語(日本語)の覚え方

あなたはあなたの第一言語、つまり日本語をどのように覚えましたか?

思い出せませんよね?^^

大体の人が以下のようなステップで第一言語を習得しているはずです。

生まれたばかりのあなたに対してご両親が「オムツ変えようね~」とか「はーい、ミルクですよ~」などとあなたに毎日話しかけて、その他あなたのご両親のお友達が遊びに来たりして

あなたが、まだ「生きてる」という意識がない状態から毎日膨大な量の日本語を聞きます。

その後、あなたが親御さんの真似をして、ポツポツと言葉を発するようになります。

そして、その単語が文章になり、幼稚園や保育園へ行きお友達とたくさん話して、もっともっと単語を覚えて行きます。

多くの方は、7歳になる年に小学校へ行き、読み書きがスタートします。

このように、聞く⇒話す⇒書くの順番で覚えていきます。

この話すの段階であなたの親御さんは「ねぇ、また前置詞抜けてるよ?」なんてあなたの言葉を注意したりしませんよね?

普通に楽しく会話をしていきます。

小さい時のあなたは、誰かと話すことはとても楽しいものだったでしょう。

第二言語(英語)の覚え方

第二言語の覚え方は帰国子女の方とそうでない方で大きく違います。

ここでは日本で暮らすあなたのような方が第二言語を覚える方法として効果的なものをお伝えします。

言語学者の方は以下のような方法で覚えることが一番効率が良いと推奨していますし、私自身もこの方法で英会話が上達しましたし今こうして、講師としてお仕事ができます。

まず、第二言語の基礎的な事は第一言語を交えて覚えるべきだと言われています。

それもそのはず!

まず、その単語が何を意味するのか第一言語で教えてもらわないとわかりません。

Cat=猫 Dog=犬 I=私 などなど・・・基本的な単語の意味は第一言語、あなたにとっては日本語で覚える必要があります。

その後、文法の基礎も第一言語(日本語)の説明で習得してから、実践の会話の訓練に移ります。

あなたもご存知の通り、書くという事と話すと言う事は全く別の脳の分野を使っています。

英語が書ければ話せると言うことではありません。

相手と卓球をするようにポンポンと英語での会話が成り立つようには、膨大な会話の訓練が必要なのです。

さらに、これと同時に英語を聞くという事もとても重要な要素です。

英語で何を言っているのかわからなければ、会話は成立しません。

書くこと・話すこと・聞くこと

言語を話す上で、この3つは非常に関係性が強い!と言えるでしょう。

そして、勉強をしていく中で、必ずあなたは壁にぶち当たります。

自分の中でうまく理解できなかったり、何となくしっくり来なかったりします。

そんな時はそれを第一言語、つまり日本語で質問できる環境をつくりましょう!

日本語と英語のバイリンガルの方でも、日本人の英語の先生でも構いません。

こんな方達に、質問しましょう!

具体的には以下の図のようなステップで英語を勉強すると効率が良いとされています。

この図をよく覚えておきましょう!

最後に

いかがでしたか?

今回は「英語が上達しない理由はただ1つ!英語の効率が良い勉強法を英会話講師が伝授!」についてお伝えしました。

英語が上達しない原因は、学習量が足りないから!という答えは当たり前のように感じるかと思いますが、なぜ英語の上達に学習量が必要のか?という根本の原因を知ることは

あなたの英語学習に対する意識を高めるのに必要なことだと思います。

納得して、英語を勉強するのと、納得できずに英語を勉強するのでは大きく違います。

英語を上達したい!というモチベーションを上げる上でも重要です!

英語の勉強のモチベーションが上がらない時は以下の記事を参考にしてみてください。

英語の上達には長い年月と積み重ねが必要です。

くじけず、最後まで頑張ってください。

あなたがなりたい自分に近づけるよう、応援しています。

また、以下に英語の上達が早くなるコツ!をブログで記載しています!

ぜひ、コチラもあわせて読んでください。

少しでも役に立ったなと思った方は
↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事