⇓Mikiのランキングをチェック!⇓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたはニューヨークへ留学してみたいですか?

ニューヨークは誰もが知る、世界で一番の大都会です。

こんな所へ行ってみたい!住んでみたい!と思いながらも、そこでの生活がうまく想像できないと、なかなか一歩踏み出せませんよね?

今回は、30歳でニューヨークへ留学した私がお伝えする「30代のニューヨーク留学生の1日の過ごし方」をブログ風にお伝えします。

ニューヨーク留学をしたい方
ニューヨーク留学に興味がある方
海外生活してみたい方
こんな方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

私はニューヨークのクイーンズという場所に住んでいました

私は、マンハッタンではなく、その隣のクイーンズという場所に住んでいました。

マンハッタンまで、電車で20分程度の場所です。

駅から家まで徒歩7分くらいの場所で、1軒家に6人で生活し、1階と2階それぞれにバスルームとトイレ、キッチンがあり

さらに6部屋が用意されていたの日本人が住むシェアハウスに住んでいました。

男性も女性もいました。

実はホームステイで多国籍で生活するシェアハウスに住んでいたのですが...他の国の方の「清潔感」レベルの違いがストレスで、日本人だけが集まる家に越しました。

私の部屋は、このくらいの広さのものでした。

「日本人だけが家にいると会話も日本語になってしまう」と思いがちですが、そんな事はありません。

それぞれ帰宅する時間も違いますし、みんながみんな仲が良いというわけではないので会話も少なく、良い意味で距離感があり日本語を使う機会は少ないように感じました。

30代のニューヨーク留学生の過ごし方(平日偏)

私は30歳で約10年間勤めたOLを辞めて、2016年9月~2017年3月までニューヨークへ留学し、その後も2~3ヶ月に1度のペースでニューヨークへ行き、最後には2018年5月にニューヨークに行きました。

そんな私が実際に体験したニューヨークでの留学生活で「学校がある日(平日)の過ごし方」をお伝えします。

あなたがもし、ニューヨークへ留学したらこんな1日を送る事になるでしょう。

10時 起床 学校へ行く支度

私の語学学校は午前の部と午後の部で生徒達が分かれており、私は午後の部を選択していたので、私の学校は13時~18時30分まででした。

よって、起きるのは少し遅めです。

大体、10時頃に起きて朝食とおやつにちょうど良いサイズの”おにぎり”や”ピーナッツサンド”を持って行きました。

朝食はこんな感じの外国っぽいものを作って雰囲気を自分で楽しんでました。

私はシェアハウスに住んでいましたが、他の子達はもっと早く家を出るのでキッチンが使いたい時に使えないなんて事はたまにしかありませんでした。

朝食を片付けたら、メイクして学校へ行きます!

ニューヨークのマンハッタンにある学校へ行く

学校へはいつも、12時30分くらい(授業が始まる30分前)には学校へ到着してに着いてました。

カフェテリアで他の国の留学生達との会話を楽しみたいからです。

私の語学学校には日本人が少なかったです。

  • ブラジルやエクアドルなどの南米系
  • ドイツやフランスなどのヨーロッパ系
  • 中国や韓国などのアジア系

こんな子たちと、たわいもない会話を英語でして、自分なりに英語を使う機会を増やしてスピーキングの練習をしていました。

学校の教室はこんな感じです。

もちろん、クラスメイトにはそれぞれの言語の鉛った発音の英語で話していて、アクセントの違う英語のリスニングはこんなところで鍛えられたのかな?と思います。

授業の風景はこんな感じ♪

これは、日本の英会話学校と同じ感ではないでしょうか?

先生によって授業スタイルは異なりますが、ほとんどの先生が授業中に生徒たちに質問を投げかけ、それに生徒が答えるというスタイルです。

日本の一般的な授業のように「誰かが手をあげて話す」というスタイルではありません。

私にとっては、自分の意見をみんなの前で積極的に言う訓練になりました。

南米系の子は特に積極的で、本当にぽんぽんと意見を言うので、私が勝手にライバル視していました(笑)

語学学校の授業終了後は友達とコリアンタウンへ

18時30分に授業が終わると、今度は早い時間に授業が終わっている子達とコリアンタウンで合流してカフェでひたすら英語で話してました。

下記の地図の赤丸の所辺りです。

エンパイアステートビルのある通りの南に一つ下がった通りの辺りが「コリアンタウン」になります。

アジア人の子もいますが、そこにはブラジル人もいたりして楽しかったです。

なぜ、コリアンタウンで友達と遊ぶのかというと学校から近く、比較的安いお店が多いからです。

気分によっては韓国人の子のお気に入りの韓国料理屋さんでディナーを食べたりしました。

韓国のスキンケア商品もこの街で買えます。

本場の韓国よりかは割高ですが$30~40と30代の私達にとってはそこまで高いと感じることはないでしょう。

クイーンにある自宅へ帰宅

クラスメイトひたすら英語で話したら、帰宅して学校の宿題をします。

ほとんどのクラスで宿題が毎日出ます。

難しいものもあれば、簡単なものもありますが大体が30分~1時間程度で終わります。

ここで驚くのが「自分の意見を書かなくてはいけないものが多い」ということです。

語学学校なので「ドリルのようなものをするのか?」と思いましたが「自分の意見」を大事にする文化がアメリカにはあるので「あなたはこれについてどう感じますか?」「あなたの国ではどうでしょう?」と聞かれる事が多いです。

留学前の準備として、日本についての勉強とそれについて自分なりの解釈を考えておくとスムーズだと思います。

例えば「転職について」というテーマで話すとき

「どうして、日本は会社を辞めにくいのですか?退職届を出して終わりのはずなのに・・・」

という先生やクラスメイトからの質問に答える時など、英語とはまた違った部分の頭を使います。

「日本は周りの人がどう思うかを考えるため、すぐ辞めると”あの人は精神的に弱い子だ”と思われるのが嫌な人が多い」という回答を英語で言ったりします。

「えー、そんなの別に良いじゃん」と冷たくクラスメイトに"あしらわれる”かもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。

最初は、人のストレートな物言いに少々ショックを受けるかと思いますが、そのうち慣れます。

あなたが満員電車の通勤、先輩のご機嫌取りなどのストレスに慣れるのように、慣れて行きますし、人によってはそんなストレス社会を経験しているからこそ、ストレスを感じずにいられる可能性もあります。

ストレートに物事を言われる事に慣れますし、あなたが言いたい事を言う、という感覚に慣れていきます。

30代女性が作る、ニューヨークの夕食

カフェで友達と話てから帰宅すると大体、21時くらいになります。

そこから、勉強にも疲れているので簡単な夕食を作ります。

日本とニューヨークのスーパーの違うところは、日本のようにお惣菜が安くないことです。

韓国系や日本人向けスーパーにお惣菜的なのが売っていますが、少し高めです。

お弁当が1つ$6~$8(日本円で約900円)くらいします。

もちろん、日本のように近くにコンビニもないので、必然的に料理をしなければなりません。

ですが、具材が比較的日本よりかは割安です。

私は、アメリカのスーパーで買った具材でパスタを作ったり、日本食スーパーで買った調味料で適当にラーメンをアレンジして作っていました。

日本のスーパーはマンハッタンに4~5件ほどあります。

どれも駅から少し歩きますが、行く価値はあると思います。

以下の写真のようなものが買えました!

シャワーを浴びて、就寝

私はだいたい12時くらいにシャワーを浴びていました。

私の家のバスルームの写真はありませんでしたが、こんな感じのバスルームでした。

そして、シャワー後にスキンケアをして、また次の日の10時頃起きると言う流れです。

30代のニューヨーク留学生の過ごし方(休日偏)

私は休日にはよく、友達の家でホームパーティーをしたり、天気の良い日は「セントラルパーク」でピクニックをしていました。

ホームパーティーは大体が自分の飲み物とシェアできる食べ物を持参していきます。

それで足りなければ、ピザやデリバリーを頼むスタイルです。

大体が1回に$15~$17くらいで住むでしょう。

その後もカフェに行ったとしても$4~5くらいです。

他にも、本場のNBAを見たり、ミュージカルのチケットを安く取って見たり、教科書やガイドブックに載っているような場所へ出かけたりします。

NBAやミュージカルのチケットは安いもので、$20~$30

ニューヨークの観光名所や無料や寄付で行けるところが多いので、$0~$5で行けるところが多いです。

「ニューヨークは物価が高い!」と言われがちですが、学生なりの楽しみ方をすれば、いくらでも楽しめますよ!

ニューヨークの生活についてもっと知りたい方はぜひ、こちらの記事も読んでみてください。

最後に

いかがでしたか?

あなたがもしニューヨークへ留学したらきっとこんな生活になると思います。

少しはニューヨークでのあなたの生活が想像できたのではないでしょうか?

ニューヨークは本当にたくさんの人が集まる場所です。

あなたの人生に多くの刺激を与えてくれますし、それは一生ものです。

ぜひ、ニューヨークへ留学してあなたの人生を今よりももっと豊かなものにしていってください。

少しでも役に立ったなと思った方は
↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事