↓Mikiのランキングをチェック↓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたはワーキングホリデーに興味がありますか?

海外に生活できたら、日本よりも自由な考え方で生活できて、あなたのこれからの人生の視野が広がって、海外でのたくさんの経験を日本に帰国してからも活かす事が可能になる。

ワーホリや留学などの海外生活にはそんなイメージがありますよね?

あなたの年齢が30歳以下であれば、カナダ・オーストラリア・韓国などにワーキングホリデーで海外へ滞在する事が可能です。

しかも最も費用が安く、比較的簡単に海外生活する事ができるのが「ワーキングホリデー」制度の利点です。

しかし、行った事のない国の環境で生活するのは不安ですよね?

  • 費用がいくらかかるのか?
  • 気候は過ごしやすいのか?
  • どんな仕事があるのか?
  • どんな語学学校があるのか?

こんな事が気になりますよね?

今回は、2018年の5月までバンクーバーへワーホリ(ワーキングホリデー)していた私が「バンクーバーのワーホリの実態」についてお話します。

バンクーバーへワーホリしたい人
ワーホリに興味がある人
バンクーバーをワーホリの候補としている人

こんな方に読んでいただきたい記事になっています。

ぜひ、最後まで読み進めてください。

バンクーバーでワーホリする人の大まかな1年間の流れ

バンクーバーでワーホリする方の入国⇒帰国するまでの流れは以下のようなものになります。

あくまで、スタンダードなよくある流れなので参考にしてみてください。

 

学校や滞在先は入国して、実際に目で見て、体験してから入居・入学することをおすすめします。

実際に通う学校、住む場所を見学する事は安心・安全なだけでなく、お金を無駄にしないという点でも良い事です。

よって入国して、最初の1週間はホテルやホステルなどに滞在する方が多いと思います。

住む場所を内見する時は念の為、一人では行かず、必ず付き添っていただける人を見つけて行きましょう!

バンクーバーのワーホリにかかる費用

あなたは、バンクーバーのワーホリに一体どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?

以下が最低限必要な費用の概算です。

カナダドル=@82で計算しています。(2019年1月のレート)

ワーキングホリデービザ申請料  ¥ 20,910  ($255)《こちらの費用は$255と決まっています》
海外保険料  ¥100,000 《概算》
飛行機代(片道)  ¥150,000《概算》
滞在先費用(敷金+初月家賃)  ¥82,000($1,200) 《1ヶ月 $600のシェアハウス 敷金+家賃》
しばらくの生活費  ¥82,000($1,200) 《2ヶ月分の家賃以外の生活費 ホテル代、調味料や生活用品の初期費用考慮》
合計 ¥434,910

ワーホリ中に語学学校に通いたい方は、こちらにプラス学費が加算されます。

ワーホリを斡旋している会社などでは、これにビザの代行申請や年間を通してのサポート料などを払わせようとしますが、それらを払う必要はありません。

ビザの申請はネットで誰でも簡単にできますし、年間サポートなどはまず使う機会がほとんどありません。

仮に、事故にあったり、何かの事件に巻き込まれてしまった場合に電話をするのは警察や保険会社です。

ワーホリの斡旋会社がしてくれる事は以下のような内容です。

  • 空港への送迎
  • 旅行相談
  • 郵便物の預かり
  • 日本語ドクターの紹介
  • インターネット利用

これらは、自分でできたり、あなたのルームメイトが助けてくれたり、日本人のコミニュティーサイトで検索すれば安く済ませる事が可能です。

特にインターネット利用はバンクーバーのカフェに行けば"Wi-Fi”がどこにでもありますし、あなたの家でももちろん利用可能です。

次の項目のウェブサイトを確認して、スマートにワーホリして行きましょう!

バンクーバーのワーホリに便利なウェブサイト

以下が、バンクーバーでワーホリする際に必ず読んでおきたいサイトです。

しっかり抑えておきましょう!

ワーホリシロップ

カナダのワーホリの申請を優しく解説してくれるウェブサイトです。

証明写真をJPGにしてくれる昨日やお仕事の面接に必要な英語の履歴書も作ってくれるソフトを無料で公開してくれています。

必ず読んでおきましょう⇒ウェブサイトはコチラ!

Go To Van

バンクーバーの日本人学生やワーホリの人がお世話になる事が多い、日本人向けのコミニュティーセンター。

先ほど、ワーホリ斡旋会社が有料でしようとしていた「郵便物の預かり」もこのセンターが無料で預かってくれます。

インターネット利用はもちろん!

語学学校も紹介してくれます。

バンクーバーのダウンタウンに事務所があるので、ぜひ一度行ってみてください。

Go To Van ウェブサイトはコチラ!

JPCanada

カナダの主要都市に滞在するワーホリする人や学生に対して、語学学校の紹介や滞在先・仕事の紹介などを無料でしてくれるコミニュティーサイトです。

先ほど紹介した"Go To Van"よりも、事務所がキレイで会社としてしっかりと運営している企業です。

(Go To Vanは本当にボランティア感があります)

バンクーバーへ着いたらまずこちらへ顔を出しに行ってみましょう!

JP Canadaウェブサイトはコチラ!

バンクーバーのおすすめの語学学校

あなたは、語学学校を選ぶ際に何を重要視しますか?

費用・カリキュラム・学校の雰囲気などあるかと思いますが、一番聞きたいのは”口コミ”ですよね?

実際にその学校へ通った事のある人に話しを聞いてみたいですよね?

以下が私がバンクーバーにいる時に実際に通っている生徒さんから話を聞いたり、実際に私が通ったり、私が体験入学をしたりして良いと思った語学学校です。

ぜひ、参考にしてみてください。

VECTOR

完全日本人向けの語学学校です。

先生が全員日本人なので、私達日本人の躓きやすい点をわかりやすくアドバイスしてくれます。

スピーキング重視の語学学校で「5ヶ月であなたもバイリンガル」がコンセプトです。

しかし、学校の宿題やプレゼン授業などがかなりスパルタのようです。

私も体験入学に行きましたが、先生の教え方が独特でとても覚えやすいです。

しかし、体験入学の時にも宿題は絶対!という事を念押しされました。

私の周りの日本人の友人の半分くらいがこの学校へ行っていて、ほとんどの人がそのスパルタに苦労していました。

しかし、成果は絶対的に挙げられているようです。

どうしても英語が話したい!という方はぜひ、体験入学をしてみてください!

VECTOR オフィシャルサイトは⇒コチラ

ILSC

カナダでも1・2を争うマンモス校です。

バンクーバーのウォータフロント駅というメインの大きな駅近くはこの語学学校がいくつか存在しているくらいの規模です。

バンクーバーのダウンタウンの中にも5~6支店あるようです。

クラスは少人数制の学校で、教育もしっかりされています。

Vecterほど、宿題は多くないようですが真剣に英語を学びたい人がほとんどのようなので学校後にカフェで英語を勉強したりしている学生が多いです。

実は、私はこの学校へ通っていました。

学校後は友人とカフェで宿題をしたり、ご飯を食べに行っていました。

生徒の8割はアジア人で、韓国人・日本人・中国人の順で多かったです。

アクティビティ(放課後に行うレクリエーション)も盛んでした。

ランニングやピクニック、映画鑑賞会などがありました。

ILSCオフィシャルサイトは⇒コチラ

ILac

細かいレベル分けで、先生がとても真剣に授業をしてくれる語学学校です。

ILSCと争うマンモス校です。(何だか、名前も似ています)

国際色が強く、いろんな国の人とお友達になれるようです。

ここは私の友人が進めていた語学学校で、ILSC同様、グループワークなどの宿題が多く英語に集中できる語学学校と言えるでしょう。

ILacオフィシャルサイトは⇒コチラ(英語表示ですが、言語を日本語へ変えられます)

バンクーバーのワーホリの人がする仕事

バンクーバーのワーホリの人がよくする仕事は飲食店が圧倒的に多く、その飲食店をかけ持ちする傾向にあります。

お仕事の内容は「あなたの英語力」によって大きくことなります。

英語力が有る人は「接客業をきちんと任せてもらえる」

英語力がない人は「飲食店のディッシュウォッシャー、バッサー(お皿をひたすら下げる人)」など英語を使わなくても済む職種に回されて、バンクーバーで働いているのに、英語を使わないという環境になってしまいます。

英語力に自信がない人は、最初の半年をディッシュウォッシャーやバッサーで生活し、残りの半年をウェイターやカフェの店員として働くことをオススメします。

ビザの有効期限が半年未満の場合は新しい仕事を探しづらくなってしまいますので、お気をつけください。

仕事先は以下のような方法で見つける方が多いです。

  • 紹介した”JPCanada”の求人欄⇒詳細はコチラ!
  • あなたの滞在先の近所などの張り紙
  • 直接あなたの働いてみたい場所へレジュメ(履歴書)を持っていく

いきなり、お店にレジュメを持って行く方法は日本ではあまり聞きませんが、海外では意外と普通でウェルカムな感じです。

ぜひ、人生に一度きりだと思ってチャレンジしてみましょう!

最後に

いかがでしたか?

あなたがバンクーバーで生活する様子が少し想像できたでしょうか?

海外生活はあなたが思っているほど、難しいものではありません。

周りの助けを借りながら、お互い協力し合いながら生活する事ができます。

その過程が外国人の親友を作るきっかけになると思います。

また、治安の悪い場所へ自分から行かなければ、危険な目に合う可能性は低くなります。

賢くワーホリをして、あなたの人生をより豊かで楽しいものにしていきましょう!

少しでも役に立ったなと思った方は

↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事