↓Mikiのランキングをチェック↓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたはニューヨークに対して憧れはありますか?

ニューヨークって何だか日本よりも自由で、視野が広いイメージであなたもポジティブになれそうですよね?

そんなあなたは、ニューヨークの文化にも興味があるはず!

しかも、恋愛事情に関する事は女性であれば誰でも興味が沸きますよね?

今回は、私が住んだ事のある「ニューヨークのバレンタインデーの事情や習慣」についてお伝えします!

  • ニューヨークが好きな方
  • バレンタインデーに興味がある方
  • 日本とニューヨークのバレンタインデーの違いを知りたい方

こんな方はぜひ、最後まで読み進めてください。

バレンタインデーとは?

諸説ありますが、バレンタインデーの起源はイタリア・ローマの司教であるヴァレンティヌスが隠れて、兵士の結婚を認めており、それがバレて処刑された日を記念し世界中で「愛を確かめ合う日」として制定されました。

当時のローマは戦争中で、兵士が恋愛にうつつを抜かさないようにローマ皇帝「クラディウス」2世が兵士の恋愛を禁止していました。

しかし、人は禁止されたからと言って恋愛は辞められませんよね?

ヴァレンティヌスは愛に対してとても寛容的で、隠れて司教として結婚を認めていましたが、それを良く思わない人に密告されて斬首刑となってしまいました。

現在は、ウァレンティヌスは、恋人たちの「守護聖人」として崇敬されています。

バレンタインデーは「愛を確かめ合う日」でありながら、悲しい事があった日なのです。

日本のバレンタインデー文化

日本のバレンタインデーが認知されたのは、1958年頃からと言われています。

今から約60年ほど前から「バレンタインデー」の文化が始まったとされています。

日本のクリスマスのショートケーキ文化と同様、日本のバレンタインデー文化は日本の製菓メーカーが「バレンタインデーの日は好きな人にチョコを贈りましょう」という宣伝をしたからとされています。

メリーチョコレートが最初なのか、モロゾフが始めたのかあやふやですが、日本中に広まったのはモロゾフではないか?という記事が多いようです。

とにもかくにも日本のバレンタインデーは「女性が男性にチョコレートを渡す日」となっていますよね?

恋人でなくても、お世話になっている会社の男性の上司や先輩にも「義理チョコ」としてあげたり、女性同士でも好きなお菓子をあげたり、交換しています。

これが、日本のバレンタインデー文化です。

ニューヨーク(NY)のバレンタインデー事情

バレンタインの起源・日本のバレンタインデー事情を振り返ったところで、今度はあなたの興味がある「ニューヨークのバレンタインデー」事情についてお話します。

ぜひ、最後まで読み進めてください。

ニューヨーク(NY)のバレンタインデーは男性が女性に愛情を表現をする日

ニューヨークというかアメリカのバレンタインデーは「男性が女性に対して愛情表現をする日」です。

男性が女性にお花を贈ったり、ディナーをご馳走したり、プレゼントを贈ったりする日です。

私のハウスオーナーの旦那さんもバレンタインデーに、奥さんの為に奥さんの好きなお花を注文していました!

ニューヨークのバレンタインデーは世界のバレンタインデーの意味にのっとって「愛を確かめ合う日」としています。

もしも、あなたが男性でバレンタインデーに恋人にディナーをご馳走する場合は「1ヶ月前から予約」しないと間に合いません(笑)

バレンタインディナーは恋人たちにとっても特別なものです。

少し無理してでも、高めのおしゃれなところへ好きな人を連れていきましょう!

ニューヨーク(NY)のバレンタインデーは女性同士ではチョコでなくカードを贈る

日本では「友チョコ」という同性同士が贈るチョコレートがありますが、ニューヨークではそれをカードで贈ります。

日ごろの感謝や友達への想い「これからも仲良くしてね!」という友情の気持ちや感謝をこのカードに書いて大切な友達に贈ります。

私もハウスオーナーの女性や会社の友達などに日ごろの感謝の気持ちをカードに書いて、贈りました!

バレンタインデーが近づくと写真のようなカードが雑貨店や100円ショップで販売され出します。

安いものでもかわいいものが多いです。

バレンタインデーをきっかけに「友達の大事さ」も確かめ合う人も良い文化ですよね?

ニューヨークの街では”バレンタインデーランチ”が食べられる!

ニューヨークでは、バレンタインデーが近づくと、ディナーよりも少し安い「バレンタインデーランチ」が楽しめるレストランが出てきます。

バレンタインデー当日でなくても、ニューヨークのカップル達がバレンタインデーランチを楽しみます。

「バレンタインデー当日は家でゆっくりと過ごしたい!」というタイプのカップルなどが、このようなランチへ出かけていくようです。

確かに、バレンタインデー当日は家で大好きな人とゆっくり過ごすのも良いですよね。

最後に

今回は「ニューヨークのバレンタインデー事情」についてお話しました。

日本とニューヨークのバレンタインデー文化は大きく違う部分が多いですよね?

私はチョコレートが大好きなので日本のバレンタインデーが大好きです。

海外と日本の文化を知っておくと、外国人のお友達が出来たときにすぐに対応する事ができます。

小さな文化の違いでもぜひ、知っておきましょう。

あなたにとって「バレンタインデー」が素敵な日になりますように・・・

少しでも役に立ったなと思った方は

↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事