↓Mikiのランキングをチェック↓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたは英語の勉強をもっと続けて、英語が話せるようになりたいのに、仕事が忙しかったり、疲れてしまったりしてなかなか続かない事がありませんか?

英語の勉強をしたり、サボったりを繰り返していて、働きながら英語の勉強を続けるのってなかなか難しいですよね?

でも、いつも英語が話せるようになりたい!と思っている。

実は、英語の勉強のやる気の波にうまく乗る事で、あなたは長く英語を勉強し続ける事ができます。

今回は「英語の勉強のやる気を出す!サボリながら続ける5つのコツ」をお伝えします。

英語の勉強を続けたい方
英語を勉強中の方
これから英語の勉強を始めようと思っている方
こんな方はこの記事を最後まで読み進めてください。

やる気(モチベーション)の性質とは?

やる気とは「物事を進んで成し遂げようとする気持ち」のことです。

もちろん、それはあなたも知っていることだと思います。

では、あなたはやる気という感情の性質を心理学的に考えた事はありますか?

以下の2点を頭に入れておけば、あなたのやる気をコントロールする事ができるでしょう。

一緒に見て行きましょう。

やる気を保つには「自己効力感」が大事!

「落ち込む」という感情の対処の方法はわかっている人が多いのに「やる気」という感情については意外と知らないですよね?

実は、やる気とは心理学的には「自己効力感」という感情が深く関わっている、ちょっと面白い感情なのです。

「自己効力感」とは簡単に言えば「自分にもできそうだと思えるかどうか」または「その効果があると自分で思えるか」ということです。

確かに、やり方がわからない仕事や不得意な業務は、中々やる気がおきないですし、ダイエットなどその効果が体重や見た目でわかるとさらに頑張る事ができるものですよね?

実はやる気は、自分だけの力では非常に出にくく、外部からの影響が非常に重要な感情なのです。

やる気が一度上がったら、下がるだけ

残念ながら、やる気は一度上がったら、あとは元の状態に下がり続けてしまうという感情の性質を持っています。

怒りに似たような感じですよね?

なので、やる気が出たらそのやる気が下がる速度を遅くしたり、やる気が下がりきったらまたやる気を上げるようにあなた自身が外部からの刺激を求めることが大事になってきます。

つまり、やる気って一人ではコントロール不可能な感情なのです。

どんな時に英語の勉強のやる気が下がり易いのか?

あなたはどんな時に英語の勉強のやる気が下がり易いのか把握していますか?

やる気が下がり易い原因を知っておく事でやる気が出なくなるシーンを避ける事ができます。

以下のような事が「英語の勉強のやる気を下げる原因」として挙げられます。

  • 高すぎる目標を設定する
  • 単語を忘れる自分を責めてしまう
  • 仕事やプライベートで忙しい
  • 仕事やプライベートでの疲れ
  • パソコンでネット検索してしまうなど誘惑が多い場所にいる

このような状況は誰にでも当てはまる状況です。

英語の勉強がしっかりと出来ている人も仕事やプライベートに忙しいと思います。

中には子育てしながら、TOEICの高得点を叩きだすこともあります。

このような状況を受け入れて、そんな中でもあなたが英語の勉強を続ける方法を次にまとめています。

ぜひ、読み進めてください。

英語の勉強のやる気を出し続ける5つのコツ

やる気の性質がわかったところで、今度はあなたが今一番やりたい「英語の勉強のやる気を出すコツ」を5つお伝えします。

最初に言っておきますと、筆者である私自身も自他共に認める「3日坊主どころか常に怠けているナマケモノ」です。

そんな私でもこの5つのコツを抑えて英語を勉強して、約2年の英語の勉強で英語が話せるようになりました。

一緒に最後まで見て行きましょう!

好きな事と英語をコラボさせる

ただ、英語の勉強をしていては本当に英語の勉強って続かないですよね?

あなたの好きな事と英語をコラボさせて勉強してみましょう!

芸能人、海外ドラマ、映画など何でも大丈夫です。

例えば、芸能人であればハリウッドの好きな俳優さんのインスタをフォローして何を投稿しているのか翻訳することで、新しい単語を印象深く覚えられますし

俳優さんによっては「口癖」みたいなものも発見できます。

さらに「英語でヨガ」や「英語だけしか話さないお菓子教室」などのイベントに参加すれば、やりたい事が一度に2つ出来ちゃいます!

ぜひ一度「英語 ○○(あなたの好きなもの)」で検索してみてください。

きっと何かあなたにとって新しい物が見つかるはずです。

英語の勉強をやっている人と繋がる

あなたは以下の英語のことわざを知っていますか?

“If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together.”

(速く行きたいなら、一人で行きなさい。遠くへ行きたいなら、誰かと行きなさい。)

そう!長く時間がかかる事は一人では出来ないのです。

あなたと同じ目標を持つ人を探して、その勉強した量や勉強方法を共有して、良い意味でのライバルを見つけましょう!

近くにそのような友達がいない場合はインスタなどの勉強アカウントを持っている人をフォローしたり、あなたが勉強アカウントを作って発信することで誰かと繋がることが可能です。

また、以下のアプリでは、TOEICなどの英語学習をしている人と勉強した量を共有する事ができます。

無料なので、ぜひインストールしてみましょう。

Studyplus(スタディプラス)- 勉強SNS

Studyplus(スタディプラス)- 勉強SNS
開発元:Studyplus 

外国人のお友達を作って、英語の勉強の成果を確かめる

ある程度、英語の勉強を続けたら、外国人とお友達になりましょう!

前述の「自己効力感」で紹介した通り、その効果が出ているとわかることでさらにやる気をキープする事が可能です。

効果があるかどうかわからないまま英語を勉強する事は、暗い道をずっと走り続けるのと同じ事です。

それでは、やっぱり勉強に疲れてしまいますよね?

積極的に、実践も兼ねてあなたの勉強の効果を試して行きましょう!

Meetupというアプリでは国際交流会のイベントをたくさん行っています。

参加費は「無料~1,000円」のものがほとんどです。

出典:Meet up

関東も多いですが、地方でも積極的に開催されているのでチェックしてみてください。

サブの英語の勉強方法を探しておく

あなたは英語の勉強方法は1つしかありませんか?

実はサブの英語の勉強方法を作っておくことで、うまくサボりながら毎日英語に触れる事ができます。

例えば、以下のような5分程度でできる英語の勉強方法が挙げられます。

1日1記事 英語のニュースを読む
1日にツイッターなどの英語のSNSを3つ以上読む
1日5分の英語などの英語の動画をyoutubeで見る
こんな事が挙げられます。

他にも、もちろんいろんな方法があるので、ぜひあなたに合った「サブの英語の勉強法方法」を探してみてくださいね!

今の時代、英語はアプリで学ぶ事も可能です。

以下の記事では「通勤時間を利用して、英語を学ぶ方法」を書いていますので気になる方は読んでみてください。

自分を褒める!

日本では「自分を褒める事」は「うぬぼれ」と捉えられてしまいがちです。

しかし、それほど過剰でなければ、どんどん自分を褒めて行きましょう!

欧米人の先生は本当に生徒をよく褒めます。

あなた自身もよく自分を褒めて、さらには小さな目標でも達成できたらご褒美を設けましょう。

以下が私が実際にやっていた「ご褒美」の内容です。

1時間勉強したら、アイスクリームを1個食べて良い
週5時間勉強できたら、日曜は好きな事をして良い!
TOEICで600点以上取れたら、ちょっと高級なランチを食べに行く
こんな風にご褒美を決めると、さらにやる気をキープできたり、復活させることができるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

最後に

今回は「英語の勉強のやる気を出し続ける5つのコツ」をご紹介しました。

英語の勉強は続ける事が大事!です。

さらに英語の勉強を続けるにはそのやる気、モチベーションがとっても大事です。

あなたの性格とうまく付き合いながら、あなたに合った勉強方法を探したり、「やる気」をコントロールしてみてください。

英語が話せるようになれば、あなたの人生の視野は大きく変わって「英語が話せない人生」よりも一歩先の景色を見る事が可能です。

ぜひぜひ、英語の勉強を続けて、他の人よりも一歩先の人生を歩んでいきましょう!

少しでも役に立ったなと思った方は

↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事