⇓Mikiのランキングをチェック!⇓

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

あなたは花粉症ですか?

花粉症の人がバンクーバーへ留学やワーホリすることになると、バンクーバーでも花粉症はあるのか気になりますよね?

実はバンクーバーにも花粉症はあります!

しかも、日本とバンクーバーの花粉症に対する常識は大きく違うんです。

今回は「バンクーバーの花粉症の時期や花粉症対策とおすすめの市販薬」についてお話します。

バンクーバーへ留学やワーホリする予定の方で、さらに花粉症の方はぜひ、最後までこの記事を読み進めてください。

花粉症は英語でなんていうの?

花粉症をそもそも英語でなんていうかご存知ですか?

花粉症は英語で以下のように言います。
Pollen allergy
Hay fever(こちらの方が一般的です)

「私は花粉症です」は英語で「I have hay fever.」と言います。

「I have Pollen allergy.」でももちろん通じます。

カナダ人やその他の外国人の方に「Do you have any allergies?」と聞かれたら「I have hay fever.」もしくは「I have Pollen allergy.」と答えましょう。

バンクーバーの花粉症の種類と時期

日本の花粉症の種類は主に、スギとヒノキで時期は「2月~5月上旬」までです。

スギ花粉やヒノキ花粉にアレルギー反応を起こしてしまう方は、その他の木の花粉にも反応してしまう傾向にあります。

バンクーバーへ留学やワーホリする前に事前に、かかりつけのお医者様へ行き、以下の表を確認しながらお医者様と相談して、日本を出国する前に対策を練りましょう。

出典:JPCanada

また、バンクーバーの花粉の飛散情報は以下のウェブサイトから日本語で見る事ができます。

花粉症の方はぜひ、こちらのサイトで飛散情報を確認してください⇒「The weather channel」

バンクーバーと日本の花粉症対策の違い

カナダ人と日本人の人種は違いますが、同じ人間として基本的には花粉症のメカニズムは同じです。

ですが、日本の花粉症の方の常識とバンクーバーの花粉症の方の常識では大きく違う部分があります。

以下にその違いをまとめておりますので、花粉症の方は必ず読んでください。

バンクーバーのマスクは日本人には合いづらい

日本の花粉症の対策の基本中の基本は外出時にマスクをして、花粉をなるべく体内に吸引しないようにすることですよね?

しかし、残念ながら欧米ではマスクを付ける文化がありません!

バンクーバーのドラッグストアなどで、マスクを購入すること自体はできますが、ワンサイズでペラペラと薄く、顔が小さい女性はマスクがフィットしません。

日本で売られているマスクは割高ですが、バンクーバーでも「コンビニ屋」という名前の日本人向けスーパーで購入する事は可能です。

なので、花粉症の方はマスクを日本で多めに購入して持って行くことをおすすめします。

しかし、バンクーバーでほとんどの人がマスクを付けないでいる中、マスクを付けるとかなり目立ちます。

あまり目立つのが嫌な方や、バンクーバーのワーホリで接客業をする方は、以下のアイテムを日本で購入して持って行く事をおすすめします。

出典:フマキラー

バンクーバーのティッシュの値段が高い

バンクーバーのティッシュの値段は非常に高いです。

以下の画像のような形のティッシュが一般的で値段は、75枚 $3~$4(日本円 \255)くらいの値段がします。

出典:london drug

これは、日本の7~8倍の値段です。

これがしっとりタイプのティッシュとなるとさらに金額が$5(日本円 ¥425)くらいになります。

本当にティッシュは高いので、大切に使いましょう。

バンクーバーには耳鼻科と言う概念がない

あなたは耳鼻科へ行くのが好きですか?

実は私も花粉症なので、耳鼻科に行くのは大好きです(笑)

耳鼻科でお鼻を掃除してもらうととっても気持ち良いですよね?

ですが、カナダには日本のように街の病院、いわゆる「クリニック」に専門性がありません。

お鼻の掃除はしてもらえませんが、花粉症で病院に行く場合には、日本のコミニュティーサイトにもある「日本で加入した海外保険が適用される」病院へ行きましょう。

カナダの日本人向けのお医者様が見つかるサイト⇒「Trans Med」

バンクーバーのおすすめの花粉症の市販薬の種類と値段

カナダでは、日本よりジェネリックの文化が進んでおり、日本よりも安く花粉症の市販薬を買うことができます。

特にバンクーバーの花粉症の薬は日本の約半額の値段になっています。

以下が、日本でもバンクーバーでも市販薬として売られている、Mikiのおすすめの花粉症の市販薬の比較表です。

Mikiのおすすめの花粉症対策

私がマスクをする以外にやっていた花粉症対策がハーブティーを飲む事です。

ハーブティーの香りと味でだいぶ、アレルギー症状がやわらぎます。

私のおすすめのバンクーバーのハーブのお店を載せておきますので、気になる方は見てみてください。

「Gaia Garden Herbals」

こちらのお店はあなたに合ったハーブティーを選ぶ事が可能なお店です。

英語が苦手な方はI have hay fever.Could I get something good herb tea for me?」(私は花粉症です。何か私に合ったハーブティーはもらえませんか?)と言ってみて、あなたに合ったハーブティーをブレンドしてもらいましょう!

公式サイト⇒コチラから(英語のみ)

まとめ

バンクーバーにも花粉症があるのはなんだか意外ですよね?

私は「バンクーバーは日本ではないから、花粉症がない!」と思い込んで花粉症対策があまり出来ませんでしたが、市販薬が効いたので思いのほか楽に過ごせました!

花粉症、辛いですよね?わかります!

留学やワーホリ生活を少しでも多くの時間を快適に過ごせるように、しっかりと花粉症対策は日本からして行きましょう!!

少しでも役に立ったなと思った方は
↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事