Mikiのランキングをチェック↑

こんにちわ!Miki(mikiec2017)です。

私は約10年間、某大手企業でOLをしていました。

OL生活の中で何か自分の人生を変えたいという思いで、退職して30歳を期にずっと憧れていたニューヨーク(NY)への留学を決意しました。

私は、30歳でニューヨーク留学を経験して人生の価値観、視野がとても広がったと思います。

こんな素晴らしい体験をたくさんのアラサー女子に体験していただきたいと思い、今回は「学生の時に留学するよりも、社会人を経てからニューヨーク留学して本当に良かった!」という記事を書きました。

  • 現状になんとなく疑問を感じる方
  • 現状に満足できていない方
  • 海外生活に興味がある方
  • 海外留学をしたい方
  • 今の人生を変えたい!と漠然と思っている方

こんな方にぜひぜひ、読んでいただきたい記事です。

ぜひ、最後まで読み進めてください。

なぜ、30歳を過ぎてからの留学が良いのか?

”海外留学”という言葉を聞くと、学生や若い子がするものというイメージが沸くと思います。

しかし、大手留学会社"留学ジャーナル”の調査によると、近年留学の意識は学生の域を超えていて、留学の相談件数が40代では27%増、60代では80%増と関心が深まっているようです。

実際に、私もニューヨーク(NY)へ留学した際に同じクラスに70歳のおばあちゃんがいました。

とても、アグレッシブに授業を聞いてらして、私も”30超えたから、単語の覚えが悪い”なんて言っていられないなと刺激を受けました。

このように、留学は年齢の壁を超えて来ています。

では、なぜ脳が柔らかい学生の時に留学へ行くよりも、30過ぎてからの留学が良いのか?

詳しく見て行きましょう!

英語を学ぶ!人生を変える!モチベーションが違う

大学生の留学の目的の第1位は”就職に有利だから”という理由です。

自分の人生を変える!というよりは就職の自己アピールに”海外留学の経験有り”と書けるから留学している子が多いです。

この場合、とりあえずその留学期間を過ごすだけの子が増えます。

外国人の友達を増やすどころか、部屋にずっと引きこもったりする子もいるくらいです。

さらに、学生留学の場合”自分で貯めたお金”で留学するのではなく、”親が出してくれたお金”で来ているので授業中の集中力も違います。

スマホをずっといじったりして、授業をやり過ごす子も多々見られます。

しかし、30歳以上の方の留学の場合どうでしょう?

自分のお金で来ている以上、100%その留学期間を活かしたい!と思われると思います。

授業もしっかり聞いて、休みの日は街へ繰り出し、その街の雰囲気を楽しんだり、外国人のお友達を作ったりして本当に自分の人生を変えようとモチベーションを高く維持できるでしょう。

このような生活を海外で送っていれば、自然と英語も印象的に覚える事が絶対に可能です。

30代以上の方が、学生よりも精神的に強い

あなたはこれまで、たくさんの経験をされていると思います。

それは10代の子達に比べれば、一目瞭然ですよね?

語学学校にはアジアだけでなくたくさんの国から来た学生達がいます。

そんな中で学校生活を送ると、友人関係で文化の違いによりうまく行かないことがあると思います。

また、異国での生活に慣れないことが重なって嫌な事が多くなることもあります。

そのような状況下では絶対に、社会人を経験した方の方が乗り切る術を知っていますし、乗り越える早さも早いです。

年齢が若い方達はそのような状況になると”私もわかるよ。つらいよね。”と共感してくれる、日本人の子達とつるみ出します。

私も、実際にニューヨークでもバンクーバーでもついつい、日本人同士でつるんでしまう「日本人大学生」をたくさん見てきました。

精神的な強さは絶対に、社会人を経験された方の方が有ります。

社会のしくみを知っているからこそわかる素敵な世界

社会人になると、嫌な事も良い事もたくさん経験して見えている世界が、学生達とは大幅に違います。

海外生活をすると”日本”という国がどれだけギスギスしている国なのか、今、海外で生活できている事がどれだけ素晴らしい事なのか。

それは学生の子達よりも深く感じる事ができます。

外国のお友達が出来て、お話をしているといろんな意見や角度から話を聞けて自分の価値観や見てきた世界とたくさん比べられると思います。

見てきた事、経験して来た事が多ければ多いほど、海外の人の意見や違った角度での物事の見方というのは心の深いところに刺さります。

これは社会人デビューしたことのない子達には不可能です。

私も留学生活の中でたくさんの人とお話をして、たくさんの事を学びました。

社会人留学の経験を活かして次の仕事の選択肢が広がる

海外生活で得た、新しい自分の価値観と共に次の仕事を選ぶ事ができます。

さらに英語が話せると言うことは、言うまでもなく帰国後のお仕事に必ず活きます。

新しい自分の価値観で選んだ未経験のお仕事だとしても、英語が話せると言うだけで前職よりも高いお給料がもらえるチャンスもあります。

留学で失ったお金を、早く取り戻すことは可能です。

ニューヨークへ社会人留学した感想

あなたは、ニューヨークにどんな憧れがありますか?

街の人がみんなオシャレでかっこいい!
教科書やテレビで見るような有名な場所が多そう!
人がフレンドリーで外国人の友達や彼氏が出来そう!
NYへ住むと人生が変わりそう!
こんな風に思うことがあるとあると思います。

では、実際に2018年5月までニューヨークにいた私がそれらのイメージやニューヨークの良さについてお伝えします。

気になる方は最後まで読み進めてください。

ニューヨークの人は意外とオシャレな人が少ない!

意外かもしれませんが「オシャレな人」というのは欧米では少ないです。

見た目よりかは、中身で勝負される方の方が多いように感じます。

みなさん、高級ブランドというよりかは「ZARA」や「UNIQLO」などで服を買う人が多いですし、ニューヨークと言えば”黒い服”を着る人が多いです。

ニューヨーカーがオシャレな服を着る時は、パーティーやドレスコードがあるレストランへ行く時だと思います。

それ以外で、オシャレをする人はあまりいません。

中にはおしゃれな人もいますが、そういう人は「本当におしゃれが好きな人」だと思います。

というのも、私は日本でも「本当にオシャレが好きな人」は少ないと思います。

あなたはオシャレが本当に好きですか?

「みんなが良い服を着るから、私も着なきゃ」と言う感覚で服を着ていませんか?

実は、私はニューヨークへ行って、自分があまりオシャレに関心がない事に気づきました(笑)

東京に住んでいると、ついつい見栄を張ってしまい「ダサイ」と思われたくなくて、多少オシャレに見える服を選んでいました。

でもニューヨークへ行って、みんながあまりオシャレじゃないことに気づくと自分もそうなって行きました。

本当に服が好きであれば、周りがどうであろうとオシャレで居続けますが、私はそうではなかったのでやっぱり知らないうちに「日本の周りを気にする文化」の影響を受けていたんだと思いました。

ニューヨークでは、来ている服や顔などで人は判断されないので変な見栄を張らなくても堂々としていられます。

ニューヨークのそんなところが私は大好きです。

ニューヨークでは毎日が新鮮!

ニューヨークには「セントラルパーク」や「エンパイアーステイトビル」「タイムズクエア」などあなたも聞いた事のある場所がたくさんあります。

私も毎日出かけるのが大好きでした!

街からパワーを感じる街。

私はそれがニューヨークだと思います!

歩いているだけでも、なんだかウキウキして、自分がすごい場所にいることが誇らしくなります。

文字だけではなかなか伝わりづらいと思うので、ぜひあなたも行ってみて、実感してみてください。

ニューヨークの人は意外とフレンドリー

あなたは”都会の人は冷たい。ニューヨークも都会だから冷たい人が多い”と聞いた事はありませんか?

私は実際にニューヨークに約1年住んでいましたが、全然そんな事はありません。

みなさん、日本の東京の人よりかは遥かにフレンドリーです。

もちろん、中には「冷たい」と感じる人がいますが、私は日本と比べるとフレンドリーさは全体的に高く感じました。

例えば、日本で電車に乗っていると「おばあちゃんが立っていて、若い人が座っている」なんて事が見られると思いますが、ニューヨークではみんなが声を掛けあって「ねぇ、このおばあちゃんに席を譲ってあげてくれない?」と

悪い雰囲気になる訳でもなく「あ、気づかなくてごめんなさい。どうぞ。」という会話になります。

そういう「お互いが声を掛け易い雰囲気」があるのがとても気楽でした。

そんな雰囲気の中で過ごすと本当に楽しく、自分らしくいられる時間がたくさん増えますよ。

私はニューヨークへ留学して人生観が大きく変わりました!

私自身、あまり内向的ではないので「人に言いたい事が言える方」でしたが、先ほど出てきた「オシャレ」のように、気づかないうちに周りの目を気にして行動している自分や

言いたい事が言えてるようで、言えていなかった自分に気づくことができました。

ニューヨーク留学をしている時は、たくさんの人と話したり、意見を聞くことで新たな角度の価値観を知る事ができ、30年以上生きているのに、新しい事がたくさんありました。

帰国してからも、今も尚その影響があります。

ニューヨーク留学の後と前ではやっぱり「自分らしくいる力」が増したと思います。

あなたにもぜひ、それを体験して欲しい!!

あなただけでなく、できれば私は日本人みんなにこれを体験して欲しいなと思っています^^

ニューヨークの社会人留学の費用は大体どれくらいか?

30過ぎてからの留学の良さ、そして、ニューヨーク留学の良さがわかったところで、実際にどれくらい留学の費用がかかるのか?気になりますよね?

1年間、ニューヨーク留学した場合の概算を見て行きましょう。

ニューヨーク留学の概算を以下の表にまとめました!

アメリカの学生ビザではアルバイトは不可能ですが、大学構内のアルバイト(カフェテリアや図書館)であれば可能な場合も有ります。

詳しくは、語学学校や留学斡旋会社へお問い合わせしてみてください。

【アメリカ 1ドル=113円換算】

飛行機代(往復)

 12万円
滞在費(シェアハウス)  95万円
学費 (一般英語コース 48週間)  108万円
医療保険    15万円
食費    27万円
娯楽費   45万円
雑費   14万円
1年の留学費用合計     316万円

滞在費はシェアハウスに住む方がほとんどですが、あなたがホームステイをしたい場合はさらに費用が高くなります。

ここで、1つ現実をお話しますと、アメリカのドラマで見るような優しいホームステイのオーナーは少ないと考えた方が良いでしょう。

やはり、人間なので合う合わないがありますし、ホームステイマザーは学校側からお金がもらえるのでお金目的でやっている人もいます。

ホームステイに興味がある方は、語学学校や留学斡旋会社のエージェントとしっかり話し合って決めましょう。

今のニューヨークはアメリカで1番安全な街

あなたは同時多発テロの影響から「ニューヨークは危険そう」というイメージはありませんか?

実はそんな事はありません。

同時多発テロ以降のニューヨークは安全対策に徹底的に取り組み、今では「アメリカで1番安全な街」とまで言われるようになりました。

とはいえ、あなたが行く場所によります。

夜中に狭い路地を歩かない、夜中に一人で出歩かないということを徹底していれば危険な目に合う可能性は減ります。

また、男性に声を掛けられてすぐについて行くのも言うまでもなくおすすめできません。

日本であなたが気をつけているように、気をつけていれば大丈夫です。

「世界で一番安全な国」と言われている日本でも、殺人事件や窃盗事件は起きています。

世界のどの国、どの場所にも”100%安全な国”なんてありません。

自分の身は自分で守りましょう。

30代でニューヨークへ社会人留学する為の3ステップ

ニューヨーク留学の良さが、さらにわかってきたら、今度は実際にニューヨークへ社会人留学する方法をお伝えします。

留学に関することは留学斡旋会社を通すことが一番簡単で早いです。(無料カウンセリングをどこもやっています)

ですが、何も知らないまま、いきなり留学斡旋会社へ問い合わせると完全に!留学斡旋会社のエージェントに舐められてしまいますので以下の3ステップを踏まえてから、留学斡旋会社へ問い合わせましょう!

社会人留学する目的をしっかり考える

あなたは「何が目的」でニューヨークへ社会人留学したいですか?

  • 会社を辞めて、とにかく日本から出て見たい
  • 外国人と話していろんな考え方を知って、視野を広げたい
  • 英語をマスターしたい
  • 漠然と、ニューヨークへ憧れがあるからニューヨークへ住んでみたい

いろんな目的があると思います。

目的は絶対にしっかりしたものでなくても構いません。

「あなたが良いと思った目的」=「良い目的」なのです。

「そんな弱い目的で行くなんてお金の無駄」「30過ぎて留学するなんて遅すぎる」など、あなたの周りに聞こえる雑音はシャットダウンして、あなたがしたいことをノートなどに書き出したりして、まとめておきましょう。

社会人留学する予算を考える

あなたもご存知のように、留学にはお金がかかります。

先に記載したおおまかな予算を参考にあなたの留学で使えるお金を考えておきましょう。

また、留学斡旋会社に予算を提示する場合は「あなたの考える予算-10%減」で提示しましょう。

留学斡旋会社も仕事であなたとお話しているので「あと、○○円追加すれば、もっと良い留学になる」などと言って来る可能性があります。

そのエージェントの提案に乗りたければ、金額を追加すれば良いですし、そうでなければ予算を理由に断れます。

エージェントが提案してきたオプションを加えてもあなたの本当の予算内に抑えられますし、あなたが留学会社に提示した金額で留学できたのなら、10%お金が浮くことになります。

ぜひ、うまく留学斡旋会社のエージェントと交渉してみてください。

ニューヨークへ行く前に英語の基礎を勉強しておく

「ニューヨークで英語を勉強すれば良い」と思っている方が多いと思いますが、ニューヨークに日本人の英語の先生はなかなかいません。

「ネイティブの先生から英語を学びたい!」という気持ちがあるとは思いますが、英語初心者の方が質問も英語でできないのに、細かいルールや違いなどを勉強するには少々厳しいです。

先に、英語の基礎だけでも日本で、しかもちゃんと日本語でわかりやすく解説してくれる日本人講師から学ぶ必要があると思います。

Miki's English Cafeでは超初心者向けの英会話レッスンを日本人の私が行っています。

興味のある方はぜひ、以下をクリックして見てください⇓⇓
Miki's English Cafe 短期集中英会話レッスンの詳細はコチラ
Miki's English Cafeの都度払いコースの詳細はコチラ

もっとニューヨーク留学のことが知りたい方は、ニューヨークで使えるアプリや留学の準備の事、安くニューヨークへ留学する方法を詳しく書いたブログがあるので以下の記事を見てみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「30代で海外留学は遅くない!30歳でニューヨーク(NY)へ留学した私が社会人留学して良かった理由」についてお伝えしました。

あなたは今の仕事や生活が楽しくてしょうがないですか?

現状に納得して満足しているならこのままニューヨーク留学しなくても良いですが、あなたがここまで読んでくださっていると言うことは、絶対にニューヨーク留学に興味があるはずです。

一生今のままか、そこから抜け出すかはあなた次第!

ぜひ、一度留学サイトへ問い合わせだけでもしてみてください。

そこからあなたの人生は大きく変わるはずです。

”すごいお友達がいる”と言うことに満足せず、あなた自身がその”すごいお友達”になりましょう!

ニューヨーク留学は絶対、あなたの人生観を変えてくれます。

ぜひ、あなた自身が納得できる人生にしていってください。

少しでも役に立ったなと思った方は

↓クリックをおねがいします↓

おすすめの記事